イベントを読み込み中

« All イベント

  • このイベントは終了しました。

WOMB travel

11/9 @ 10:00 PM - 11/10 @ 5:00 AM

イベント ナビゲーション

WOMB travel
世界CLUBランキングで常にノミネートされる「WOMB」とのコラボレーション企画!
「ダンスミュージック×トラベル」をコンセプトにした参加型プログラム
”WOMB Travel”がbijouにやってくる!

■GUEST
DRUNKEN KONG / KEFIR
■DJ
KO★HAYASHI / FUMI / Kulage(BARBIE&STANLLIE) / JAMMY

【DRUNKEN KONG】
DRUNKEN KONGは、D.SinghとDJ KYOKOが新しいtechno musicを作ろうと結成したプロジェクト。
別々のバックグラウンドを持っている2人が組むことによって、新しいクラブミュージックを生み出すことを試みる。

2人はDRUNKEN KONGとして、2011年にAGEHAでデビューし、以来、渋谷のWOMB、VENT、SANKEYS TYOの他、地方や海外などで数々のLiveをこなす。

2015,16,17年と毎年Christian SmithのレーベルのTronicからEPとコンピレーションをリリース。2016年にはBorisのレーベルTransmitからEP『Non Step』をリリース。更に今年の2017年には、Monika KruseのレーベルTerminal MからもEP『Chanted』をリリース。日本のレーベルSession WombからもEP『How I Work』をリリースし、全曲Beatportで100位以内のチャートインを果たし、世界中に反響を呼んでいる。

特にTronicからの “To The Piece”とTerminal Mからの“Chanted”は、BeatportでテクノEPチャート2位を獲得。
2017年2月の時点で、全7曲のオリジナルトラックが、Beatportのテクノチャート100位以内にランクインをし、日本人アーティストとして快挙を成し遂げ、テクノアーティストとして世界ランク19位の地位を獲得した。
また6月に、待望の1st Album 『The Sings Within』をリリースし、更に世界にアーティストの名前を広げる。

彼らの曲は、Carl Cox, Adam Beyer, Christian Smith, Monika Kruse, Pan Pot, Noir, Uto Karem ,2000 and oneの他、Deadmau5などのTOPアーティストのplayにも使用され、サポートを受けている。

そして、2015, 16, 17年の夏にはヨーロッパツアーを成功させ、ADE(アムステルダム•ダンス•イベント)や、SONAR OFF WEEKの海外ビックフェスティバルにも出演。フロアーが湧くPLAYを見せて、多くのお客を魅了した。
日本でもDRUNKEN KONG presentsのパーティー “INTENTION”を渋谷WOMBで開催。レジデントパーティーとして成功を納めている。

D.Singhは日本とインドのハーフで、アメリカのL.A.でオーディオエンジニアの勉強をし、2008年に日本に帰国。以来アップテンポのトラックを作り始め2009年にはNONCITIZENとしてアーティストデビュー、Beatfreak Recordingsから楽曲をリリースする。

DJ KYOKOは1995年にレゲェDJとしてデビューし、そこからテクノ、プログレッシブ、ハウス、トランスとジャンルを移行。そして2003年のスイスのストリートパレードでは日本人女性DJ初のplayをし、そこから中国、韓国、イスラエル、アメリカなどのワールドツアーも開始、成功を収める。

DJ、エンジニアの経験を十分に備えた二人が、今ここに集結し、進化する音を追求するこのDRUNKEN KONGを、是非一度堪能していただきたい。

http://drunkenkong.jp/