The lord Freddie

久しぶりの投稿

 

みなさんおはこんばんちは、

寒い時、暑い時は出来るだけ屋内で生きていたい。

わがまま小僧Nuです。

 

本格的に寒くなって来たのでおれも本格的に屋内で文明に頼りまくる活動をしようと思ったあげく、久しぶりに映画館に行ったんですよ。

お目当てはもちろんこれ。

 

感想はずばり、

“全員見ろ”

 

知る人も知らない人も楽しめる本当に素晴らしい内容でした。

もうちょっと欲しかったなー。っつーところもありますが、

全体的にはもう、ただただ良かった。

この言葉に尽きます。

 

 

僕のQueenとの出会いはこのCM

2008 Honda Fit CM

Ne-Yoばっかり聴いてたクソひねくれ小学生だった僕がUKモノに目覚める瞬間ですね。

お母さんにねだって着うたダウンロードした記憶がありますw

 

そして、

Queen – I Was Born To Love You – 2004 Video

この曲が小6の組体操で使われることになり、嫌でも毎日聞くはめに。

Queenってすげーアーティストなんだなーって思ってどんどん惹かれていきました。

 

映画ではこの二曲が、、、

ってレビューしたいところですがネタバレになるのでやめます。

 

あとは映画のタイトルでもあるこの曲

Queen – Bohemian Rhapsody (Official Video)

最近クローズタイムのDJにも組み込んでます。

 

僕がDJとして活動を始める前、憧れだったDJ(今となれば先輩)をよく見に行ってたんですが、朝方クローズ間際にこの曲Bohemian Phapsodyをかけたときに初めて聞いて死ぬほど衝撃を受けました。

恥ずかしながらQueenだとはわかっててもこの曲は知らなかったので。。。

それからはこの曲、その先輩の虜みたいなもんです。。w

 

こんな感じで僕の人生のいろんな場面にこのアーティストがいて、いたからこそ今でも記憶がはっきりあったり、

今回映画見て思い出したり。

 

そんなこんなで約130分の本編が終わる頃には鼻水まみれになってました。

 

 

話し出すと止まらないオタクの悪いところが出てきてやっぱり長くなったし自分の過去と照らし合わせたり恥ずかしい内容になったので誰も見ない事を祈ってます。。。w

けどもしここまで読んじゃったっていう暇を持て余しているあなた、

もう少しだけ暇を持て余してください。

その暇でこの作品を見てください。

世界一素敵な暇つぶしをお約束いたします。

 

そしてbijouでお酒を飲みながらレビューし合いませんか☺︎

というわけで今週末もよろしくお願いします。

 

 

現実世界でキズナアイちゃんと出会いたい。

Nuでした。